• twitter
  • facebook

ヨコハマトリエンナーレ2017Yokohama Triennale 2017

 第6回となる「ヨコハマトリエンナーレ2017」は、ジャンルや世代を超えたメンバーからなる「構想会議」での議論を経て、タイトルをヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」(英題:Yokohama Triennale 2017 “Islands, Constellations and Galapagos” )に決定しました。

 「島」「星座」「ガラパゴス」は、孤立や接続性、想像力や指標(道しるべ)、独自性や多様性など、色々な捉え方のできるキーワードでもあります。このタイトルを手掛かりとして、先行きの見えない複雑な時代に、人間の想像力・創造力をもって、未来への知恵を多くの人々と共に考えていきます。

 また、視覚体験に限定されない「対話・議論」、「思考」、「共有・共生」の場づくりを目指し、会期に先立つ2017年1月より定期的に連続会議「ヨコハマラウンド」を開催し、タイトルに関係する諸問題や可能性について議論していきます。

開催概要Outline

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

会  期 2017年8月4日(金)~11月5日(日)※第2・4 木曜日休場
開場日数 88日間
主 会 場
横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館
主  催
横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、 NHK、朝日新聞社、
横浜トリエンナーレ組織委員会
構想会議メンバー
※アルファベット順
スハーニャ・ラフェル
M+美術館 エグゼクティブ・ディレクター
スプツニ子!
現代美術家、マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教
高階 秀爾
美術史家、大原美術館館長、東京大学名誉教授
リクリット・ティラヴァーニャ
現代美術家、コロンビア大学美術学部教授
鷲田 清一
哲学者、京都市立芸術大学学長、せんだいメディアテーク館長
養老 孟司
解剖学者、東京大学名誉教授
ヨコハマトリエンナーレ2017
ディレクターズ
逢坂 恵理子
横浜美術館館長
三木 あき子
キュレーター、
ベネッセアートサイト直島インターナショナルアーティスティックディレクター
柏木 智雄
横浜美術館副館長、主席学芸員

(2016年10月11日現在)

※事業名の総称及び組織名は「横浜トリエンナーレ」(横浜=漢字表記)、第6回展の事業名は「ヨコハマトリエンナーレ2017」(ヨコハマ=カタカナ表記)となります。