アートプログラム ハイヌウェレの彫像 久保寛子

4/13(土) - 4/29(月・祝) 

作品名の”ハイヌウェレ”とはインドネシアの神話に登場する女神で、殺されバラバラにされた遺体の断片から食物が生まれたとされる食物起源神話です。久保は、作品を構想していた2020年、世界は新型ウイルスの脅威に晒され始め、社会や人類の未来に対する不安を感じ、そのことが自身の関心をより根源的、原始的なものへ向けさせ、世界の古代神話や縄文土器/土偶をはじめとした日本の考古学に創作のヒントを求めたといいます。仰向けに寝そべる断片化された女性像は、雨や日光や風の影響を受けて時間とともに変化します。作品がつくる空間や土の表情を身体で体感してください。

会期

4/13(土) - 4/29(月・祝) 
※13日(土)、14日(日) は公開制作

開場時間

10:00-18:00

会場

象の鼻パーク

主催

象の鼻テラス、横浜トリエンナーレ組織委員会

WEBサイト

https://zounohana.com/events/post-6742/

ワークショップ「作品制作を体験しよう」参加者募集

一緒に土塗り作業を行ってもらうワークショップ参加者を募集します。作品制作に携わることができる貴重な機会となりますので、ぜひ、ご参加ください。

イベント詳細はこちら

開催日時

2024年4月13日(土)14:00-16:00

会場

象の鼻パーク

参加費

無料

定員

20名

対象

子ども〜大人までどなたでも

参加方法

要予約(定員に達しない場合は当日受付も可)
event(a)zounohana.comまでお名前と連絡先を添えてご連絡ください。

※(a)を@に変更して送信してください。
※件名に、「4月13日 作品制作体験予約申し込み」とご記入ください。
※先着順に受付します。

※当日は汚れてもいい服装でご参加ください。