アートの扉を少しだけ開いて

横浜トリエンナーレは、3年に一度開催される現代アートの祭典です。2001年にスタートし、200を数える国内の芸術祭の中でも長い歴史を誇ります。国際的に活躍するアーティスティック・ディレクター(以下AD)を毎回招き、世界のアーティストたちがいま何を考え、どんな作品をつくっているかを広くご紹介するのが特徴です。
このたび第8回展を迎えるにあたり、私たちは、強みであるこの「国際性」を大切にしながら、次の10年にトリエンナーレがどうあるべきかを考えました。その結果、当初から掲げる「現代アートの良質の入門編になる」という目標に、いま一度ていねいに立ち返ることにしました。
第4回展(2011年)から第7回展(2020年)までの10年は、展示の大きな部分を横浜美術館の会場が担いました。これからの10年は、もっと街なかのさまざまな場所に展示を広げていきたいと思います。美術館に行こうと身構えず、多くの方がふとアートに出会うタッチポイントを増やすべきと考えるからです。
しかし同時に私たちは、改めて美術館会場のメリットにも目を向けます。3年の工事休館を経て今回リニューアルオープンを迎える美術館は、新しいエレベーターや多機能トイレ、授乳室を完備しています。また、あちこち移動しなくてもここだけでたくさんの作品を見ることができます。初めてで戸惑う方、小さなお子さんと一緒の方、体調が不安な方などのためにこそ、美術館会場は力を発揮します。
こうした検討を踏まえて、私たちは、今回の第8回展を主に次の二つの部分で構成することにしました。

  1. ADであるリウ・ディンとキャロル・インホワ・ルーが「野草:いま、ここで生きてる」をテーマに展開する展示(横浜美術館他、全5会場)
  2. 「アートもりもり!」の名称のもと、市内の各拠点が統一テーマ「野草」を踏まえて展開する展示

気候変動や戦争、不寛容や経済格差。私たちの暮らしを支えていた価値が、いま大きく揺らいでいます。見る人それぞれの解釈を許す現代アートの作品は、見知らぬ誰かとその不安を分かち合い、共に明日への希望を見出すためのよき仲立ちとなります。すべてがわかったわけじゃないけれど、新しい扉を少しだけ開けた気がする。会場を訪れた方たちにそんな感覚を持ち返っていただきたくて、横浜トリエンナーレは次の10年への一歩を踏み出します。

開催概要

タイトル

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで⽣きてる」

アーティスティック・ディレクター

リウ・ディン(劉鼎)、キャロル・インホワ・ルー(盧迎華)

会期

2024年3⽉15⽇(⾦)-6⽉9⽇(⽇)
[休場⽇:毎週⽊曜⽇(4⽉4⽇、5⽉2⽇、6⽉6⽇を除く)|開場⽇数:78⽇間]

時間

10:00-18:00(入場は閉場の30分前まで)
6月6日(木)-9日(日)は20:00まで開場

会場

横浜美術館(横浜市⻄区みなとみらい3-4-1)
旧第⼀銀⾏横浜⽀店(横浜市中区本町6-50-1)
BankART KAIKO(横浜市中区北仲通5-57-2 KITANAKA BRICK & WHITE 1F)
クイーンズスクエア横浜(横浜市西区みなとみらい2-3クイーンズスクエア横浜2Fクイーンモール)
元町・中華街駅連絡通路(みなとみらい線「元町・中華街駅」中華街・山下公園改札1番出口方面)

主催

横浜市、(公財)横浜市芸術⽂化振興財団、NHK、朝⽇新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会

連携拠点

BankART1929 黄金町エリアマネジメントセンター 象の鼻テラス 急な坂スタジオ

支援

  文化庁(国際的なイベントにおけるアートの国際発信事業)

後援

外務省 神奈川県 神奈川新聞社 tvk(テレビ神奈川)

助成

アーティスト支援

協賛

日産自動車 野村総合研究所 NTT東日本 三井不動産 三菱地所グループ

 

JVCKENWOOD スターツ 横浜高島屋 ぴあ 横浜銀行

 

UYENO 川本工業 キタムラ 崎陽軒 クイーンズスクエア サカタのタネ 横浜信用金庫 NEWOMAN YOKOHAMA

協力

京浜急行電鉄株式会社 住友不動産株式会社 相鉄グループ 株式会社大和地所
Peatix Japan株式会社 東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社 横浜アイランドタワー
横浜高速鉄道株式会社 横浜マリンタワー

お問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600(9:00-20:00)