開催前 どなたでも 募集中 参加型プログラム 特別な一日を過ごすプログラム アクセスプログラム オンラインで楽しむ妄想モクモク鑑賞会

2024.5.18(土)

美術館によく行く人も、美術館に行きづらさを感じている人も。
アート好きのすべての人が横浜トリエンナーレをたのしむための鑑賞プログラムです。参加者それぞれがさまざまな視点を持ち寄ることで、一人では出会えない新しい物語を発見できるかもしれません。

住む場所や暮らし方の違ういろいろな人と一緒に、あれこれ想像しながら、オンラインで作品を鑑賞します。ぜひ、みなさんの心地よい空間からご参加ください。
※Zoom(ウェブ会議ツール)を使用します
※PC、接続環境やzoomの操作につきましては、各自でご準備をお願いいたします

日時

2024年5月18日(土) 13:00~15:00

ファシリテーター

カミジョウミカ、天⽔みちえ

対象

鑑賞会に関心のあるすべての人、実際に横浜トリエンナーレへ行くことが難しい人、発達障がいのある人、精神障がいのある人など

定員

10名程度(応募多数の場合は抽選)

参加費

無料

申込締切

2024年4月26日(金)

企画・主催・お問合せ

横浜美術館 教育普及グループ
045-221-0300(10:00~18:00、木曜休館[4/4、5/2、6/6除く])

お申し込み

・本プログラムのお申込み1件につき1つのメールアドレスが必要です。同じメールアドレスで複数回お申込みいただくと、最後に入力した情報のみ有効となります。
・「受付確認メール」(自動返信)をお送りします。すぐに届かない場合はご連絡ください。登録アドレスに間違いがあるか、PCからのメール受信拒否が設定されている場合があります。特に携帯電話、スマートフォンでお申込みの場合、「@yaf.or.jp」の受信設定をお願いいたします。
・抽選結果は、申込締切後、申込者全員にメールでお知らせします

ファシリテーター

カミジョウミカ
長野県安曇野市在住。19歳の時に、常染色体劣性遺伝性疾患のため入院していた病院のスタッフの顔をデフォルメし独学で描き始める。
普段描いているテーマは「カラフルな空想の世界」と「夢の世界」。

天水みちえ(てんすい みちえ)
福島県喜多方市在住。蝋燭作家。精神障がいピアサポーター。友人2人と福祉×アートトリオてんあい堂を結成。
精神障がい者でも安心して参加できる会津の伝統工芸会津型やキャンドルのワークショップを美術館や福祉施設などで展開中。

企画協力:みんなでミュージアム/NPO法人エイブル・アート・ジャパン
https://minmi.ableart.org/