AfterGlow

エピソードEpisōdo


エピソード03

気配を感じて ー討議的正義をめぐる議論

エピソード03 討議的正義をめぐる議論では、「気配を感じて」と題し、日本のファッションデザイナーPUGMENT(パグメント)による《ワードローブ・ディスカッシヴ(討議する衣装)》と、フィリピンのサウンドアーティストのマーヴ・エスピナによる展示《空気でできた灯台》の2つのプロジェクトを横浜で展開します。

「討議的正義をめぐる議論」は、ミシェル・ウォン(香港)、ランティアン・シィエ(ドバイ)、カベロ・マラッツィ(ヨハネスブルグ)の3人が3つの都市で実施するエピソードの企画です。

討議的正義をめぐる議論:気配を感じて
シュヴェタ・サルダ

議論
端っこのほうから、それは変わっていく
めぐっていく、季節のように。
審理があり、訴訟の手続きがある。
証拠が提出される、証言は聴取される。
私たちは、審問する力を試される。
それには両方が必要だ──発話と時間の両方が。
審問するのは誰? 審問できるのは誰? 耳にするのは誰?

音の身体
音の世界に正義はあるのだろうか?
音の世界に集まれ。
それは音の(振幅がゆっくりと変化する)減衰だ。
それは動く、それは立ち上がる、それはカオスだ。
それは結合だ。
混乱も起こるだろう。
言葉は腹をすかす、発話するには身体が要る。
それぞれのものに尺度がある。
角ばった身体たちを開いた穴に押し通す。
よけいな部分は切り落とせ。
液体になれ。
音の身体、完成しているのに形がない。
それは基盤とそのルールに染みとおる。

衣装の登場人物
どうしたらここの登場人物になれるのか?
逃亡者、家出人。
新しい遊び場を作れ。
象の中には、さまよい、泳ぎ続けるうちに自分たちのもともとの姿を忘れてしまったものもいるという。
新しい身体たちが現れる。
新しい身体たちには新しい衣装が必要だ。
ヒエラルキーを解かすために。
空間の、位置の、役割のヒエラルキーを、昼夜を問わず解かすために。

ついておいで
聞こえる?
案内員さんについていってごらん。
ラジオが聞こえる?
案内員が動くとラジオ波のオーバーラップが起こる。
親密なものが思いもよらないほど大きなものの上にかぶさる。
ほかのチャンネルに音が漏れる。
ほかの地球上のものが現れる。
いたずら、朗読、おしゃべり、笑い声、音楽。
一時停止。
ごちゃまぜになったアナクロニズム。
出来事が時代や場所を横断していく。
空気でできた灯台のように。

追伸:銀色の魚
腹ぺこの登場人物が反乱を起こす。
覇権主義的胃袋に対する反乱だ。
消化は同時代人を動かす論理だ。
そして時間とは比類なき食材だ。

-ミシェル・ウォン、ランティアン・シィエ、カベロ・マラッツィ

翻訳協力:須川善行
翻訳監修:蔵屋美香・帆足亜紀・木村絵理子

 

《ワードローブ・ディスカッシヴ(討議する衣装)》
PUGMENT(パグメント)
構成要素:インスタグラム(アカウント名@wardrobe_discussive)、服装を考えるためのレシピ、来場者が身に着けている服

ヴェルナー・ヘルツォーク監督による映画『緑のアリが夢見るところ』(1985年)は、ウラン鉱脈を狙って開発を進める鉱石採掘会社に抵抗し、聖地を守ろうとするオーストラリアの先住民族アボリジニの様子を描いている作品です。土地所有権を争う裁判の中で、その土地所有権を示す証拠として、古くから伝わる神聖なものが布に覆われ差し出されますが、それを人が目にすると「世界が滅びる」との理由から法廷にいる者全員の退廷を裁判官に要請するのです。その瞬間、「裁判官、これはどのように記録すればよろしいでしょうか?」と書記官が問うシーンがあります。正義を考える上でこの問いこそ重要なのです。
《ワードローブ・ディスカッシヴ(討議する衣装)》は、PUGMENTが提示するレシピに従って参加者が衣装や振る舞いについて考える、インスタグラムで展開するプロジェクトです。このプロジェクトに参加して、映画に登場する書記官が経験したジレンマを解消する方法を考えてみませんか。

 

View this post on Instagram

 

Who I truely am? #uotd #wdywt #ヨコハマトリエンナーレ2020

A post shared by Wardrobe Discussive (@wardrobe_discussive) on

 

《空気でできた灯台》
マーヴ・エスピナ
構成要素:電波送信とオーバーラップ、サウンド・ドローイング(図形楽譜)、付随する案内員の振付

マーヴ・エスピナによる《空気でできた灯台》は、横浜美術館会場の各所に設置したラジオ送信機を通じて会場内にいる案内員が手にするラジオから音が発せられるプロジェクトです。案内員の移動するタイミングに、宇宙の音、さまざまな個人、インドやフィリピン、香港、東京など討議的正義にかかわる都市の環境音、バイクの音や口笛など独自に集めたさまざまな音源が重なり合い聞こえます。

音源:Pallavi Paul, Sanaparanta at Goa Centre for the Arts, Alphabet School, Hausder Kulturen der Welt, lessandro Girola, Raguhunath Rajaram, Arundhati Chattopadhyaya, Jeetin Rangher, Saif Akhtar, Vlado Dzombeta, Shalini Passi, Pascal Musch, Dayanita, Vikram Dessai, Chrys-Ellen Peters, Crezel Coelho, Raju Biswas, Umesh Pant, Greg Stachowiak, Namisha Parthasarthy, Latika Lobo, Ranjit Kandalgaonkar, Chantal Oliveira, Tanya Goel, Nerissa Lawrence, Nachiket Barve, Nilima Menezes, Delano D’Souza, Shivam Rastogi, Roah Fobes, Namrata Zakaria, Amanda Lawrence, Barbara Gavezotti, Zain Masud, Dr. Munjaal Kapadai, Kamna Anand, Ranjani Mazumdar, Cedric G. Almeida, Cheryl Dsa, Waswo X. Waswo, Sriparna Ghosh, Syma Tariq, John Menezes, Amin Jaffer, Khrisha Shah, Kiran Ambwani, Maletta Godinha, Edith Lázár, Jaysimha, Ipshita Maitra, Anita Yewale, Rattananmol Johal, Raktim Parashar, Ada Einmo Jurgensen, Nelinha Ravara, Cristina Vere Nicoll, Kalyani Chawla, Leandre D’Souza, Fiona Amundsen, Isheta Salgaocar, Paul Mathieu, Hajra Ahmad, Satya Hinduja, Nilima Menezes, Anandi Soans, Dipanwita Banerjee, Odella Pinto, Katarina Rasic, Sahej Rahal, Jenne Couaillier, Sree Banerjee, Ankita Naik, soundpocket, Shai Heredia, Merv Espina, Nicholas Grum, Quezon City, New Delhi, Ágora Mall de Santo Domingo, Bogota, Hong Kong, Silbo Gomero, kuş dili, and bikes in Tokyo