• twitter
  • facebook
作家・作品検索

ヨコハマトリエンナーレ2014

華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある

ヨコハマトリエンナーレ2014
Michael LANDY ART BIN 2010/2014 | Photo: KATO Ken

2014年8月1日-11月3日(89日間開場)

アーティスティック・ディレクター:森村泰昌
主会場:横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設)
参加作家数:65組(79作家)
作品数:444件
総事業費:約9億円
総入場者数(有料会場入場者数):
約21万人(約21万人)
チケット販売枚数:約10万枚
サポーター登録者数:1631人

アーティスティック・ディレクターを美術家の森村泰昌が務め、本展テーマに「忘却」を掲げ国内外65組79作家による400件を超える作品を展覧。アメリカのSF小説家、レイ・ブラッドベリ作『華氏451度』に由来するタイトルのもと、「2つの序章」と「11の挿話」からなるメッセージ性の強い展覧会を構成しました。本展では、現代美術の魅力を広く伝えるために、中高校生や市民サポーターによる鑑賞ガイドを新たに編成し好評を得たほか、都心臨海部の創造界隈拠点全5拠点と連携。会期中は多様なアートプログラムが実施され「まちにひろがるトリエンナーレ」を展開しました。
本展は「東アジア文化都市2014横浜特別事業」として位置づけられました。

作家一覧

報告書

主催 横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
支援 文化庁(国際芸術フェスティバル支援事業)
特別協力 独立行政法人国際交流基金
後援 外務省、神奈川県、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)、スペイン大使館、駐日韓国大使館 韓国文化院、中華人民共和国駐日本国大使館、Goethe-Institut Tokyo 東京ドイツ文化センター、ベルギー王国大使館
協賛 株式会社コロワイド、日本発条株式会社、三井不動産グループ、三菱地所グループ、森ビル株式会社、株式会社LIXIL、スターツコーポレーション株式会社、すてきナイスグループ株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社髙島屋 横浜店、日産自動車株式会社、株式会社富士通エフサス、横浜銀行、アサヒビール株式会社、上野トランステック株式会社、東日本電信電話株式会社、株式会社大林組、川本工業株式会社、株式会社キタムラ、株式会社崎陽軒、株式会社サカタのタネ、株式会社資生堂、株式会社JTBコーポレートセールス、日本電気株式会社、原鉄道模型博物館、富士ゼロックス株式会社、横浜信用金庫、株式会社トロンマネージメント、ニコン、みなとみらい二十一熱供給株式会社
助成 モンドリアン財団、公益財団法人ポーラ美術振興財団、アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)、一般社団法人 東京倶楽部、グレイトブリテン・ササカワ財団、フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、アンスティチュ・フランセパリ本部、アメリカ合衆国大使館、ブリティッシュ・カウンシル、Institut für Auslandsbeziehungen e.V.、公益財団法人フランダースセンター、ACCIÓN CULTURAL ESPAÑOLA, AC/E、Danish Arts Foundation、オランダ王国大使館
協力 NEC ディスプレイソリューションズ株式会社、住友ベークライト株式会社、 吉大笙業工程有限公司、日本航空、カラーキネティクス・ジャパン株式会社、 株式会社キクシマ、株式会社そごう・西武 そごう横浜店、横浜高速鉄道株式会社、横浜市交通局、株式会社ワコールアートセンター、ターナー色彩株式会社、山ノ手写真製作所
寄付 日揮株式会社
認定 公益社団法人企業メセナ協議会