サポーター・イニシアティブ
(サポーター自主活動)

2019.11.08 Fri

 

横浜トリエンナーレサポーター事務局では、サポーターの自主的な活動を「サポーター・イニシアティブ」とし、活動拠点となる黄金スタジオを中心とした活動を受け付けます。
サポーター・イニシアティブとして届出することで、活動を行う際に活動拠点の利用やメールニュースでの活動案内ができます。

 

※ヨコハマトリエンナーレ2020のガイド活動やアーティスト・サポートなどのプログラム活動は冬ごろを目安に詳細が決まり次第お知らせ予定です。

サポーター・イニシアティブでできること

 

▶︎▶︎詳細や活動上のルールについてはこちら(PDF,300kb)をご覧ください。

 

 

・横浜市の日ノ出町地区にある「黄金スタジオ」を活動の拠点として利用できます。
・「黄金スタジオ」でサロン、トーク、ワークショップ、読書会などの活動を行うことができます。また、拠点以外での活動(まち歩きや展覧会のグループ鑑賞などのフィールドワーク等)も実施できます。
・ミーティングやイベントのお知らせをハマトリーツ!のメールニュースのほか、本ウェブサイトやハマトリーツ!のSNSアカウントで配信します。また、横浜トリエンナーレ公式twitterでも発信します。
・活動の様子は横浜トリエンナーレサポーター活動報告ブログに掲載することができます。

 

 

*2018年度は、サポーターの方々の自主活動を「サークル活動」として実施し、「ハマトリーツ!も瀬戸芸に行くよ(視察と報告会)」と「モチヨリ!」が開催されました。「サポーター・イニシアティブ」は、この「サークル活動」のしくみを更新したものです。

 

 

「サポーター・イニシアティブ」実施手順
▶︎▶︎実施手順の詳細についてはこちら(PDF,450kb)をご覧ください。

 

-イメージ図-

 

▶︎「届出書」は以下からダウンロードできます。
届出書(PDF,50kb)
届出書(Word,15kb)
※記入は手書きでも構いません。

 

 

その他FAQ

 
Q.届出書の「活動予定」は1回分しか書く欄がありませんが、例えばミーティング等の活動をする度に届出書の提出が必要でしょうか?
 

A.中長期での活動を検討している場合は、「月1回程度」などの活動頻度を活動内容の欄にご記入ください。なお、届出されているものとは異なる新しい活動内容の場合は、別途届出書をご提出ください。

 

Q.活動期限は2020年3月15日までとなっていますが、2020年度は活動できなくなるのでしょうか?

 

A.届出書は年度ごとに出していただきますが、ヨコハマトリエンナーレ2020を見据えた継続的な活動を届け出することもできます。

 

Q.活動上のルール・注意点に「活動独自のWEBサイトやブログを制作・公開することはできません」とありますが、活動に参加した感想や内容を個人のブログやSNSで発信することもダメでしょうか?

 

A.「サポーター・イニシアティブ」として届出した取り組みについてWEB上で公開したい場合は、活動独自のWEBサイトやブログの制作はせずに、横浜トリエンナーレサポーター活動報告ブログで公開してください。ただし、参加者が個人的に感想などをSNS等で発信することは可能です。

 

Q.「横浜トリエンナーレに関する個人的な活動でも、サポーター・ブログに載せることは可能ですか。またオンライン上で活動していくことは可能ですか。」

 

A.ブログに掲載できるのは、サポーター・イニシアティブ、ガイドサポーター、インフォメーションサポーターなどサポーター活動に関する内容です。
また、オンライン上でサポーター・イニシアティブの活動を新しいWEBサイトや既存WEBサイトにアップロードするなどして行うことはできません。
なお、サポーター活動の報告(成果物)に関しては、サポーターブログやメールニュースでお知らせ配信できます。

 

※FAQは随時更新予定です。